FC2ブログ

2020-06

右腕

もうご存知の方もいると思うのですが、経過記録も兼ねて、
私の右腕のことを書いてみます。

8月17日に病院で点滴を受けた際、針が右腕の神経を直撃してしまい、
直撃した瞬間、右腕の肘から指先まで激しい痛みと痺れに襲われました。

その場は腕を温めることで痛みは多少緩和されたのですが、
痺れが取れず、一日何も持てない、掴めない状態になりました。

翌日は痺れが残っていましたが痛みはなく、安心していましたが、
ふと違和感(腕の中にピンと張った糸が入っているような感じ)を感じ、
なんだろう?くらいに思っていました。
ちょうど「12ゆきんこ」の制作中だったので、違和感を気にしながらも、
なんとか完成させようという気持ちが勝っていました。

完成した翌日ぐらいから違和感が痛みへと変わり、
指も痺れていることに気づきました。
その時は恐怖しかなかったです。

思い当たることは点滴の神経直撃だけだったので、
ネットで出来る限り調べたところ、「よくある医療事故」案件でした。
傷ついた神経の種類や傷の深さによって変わりますが、
後遺症が残るかもしれないという事実に頭が真っ白になりました。
症状は1週間で治る場合もあるし、一生治らない場合もあるそうです。

右腕は利き腕ですし、右腕を胸の高さで固定していないと激痛が走る状態でしたので、
とにかく主治医と相談しなくてはと思い、22日に病院へ相談に行ったところ、
点滴を打った看護師さんは非を認めて謝ってくれましたが、
病院側は、通院中の私の先天性疾患からくる精神的なものと取り合ってくれませんでした。
看護師さんの仲介で、なんとかその日の診察代は病院持ちになり、
神経回復のためのメチコバール(ビタミン剤)と湿布を処方されましたが、
今現在、まったく症状は変わっていません。
痛みがひどいので、三角巾やサポーターで腕を固定しています。

先週の土曜日にイエサブに用事があったのでサポーターだけで出かけましたが
腕に負担がかかったらしく、炎症を起こして高熱で寝込んでしまいました。
まだ炎症が治まらないので、冷却剤で冷やしています。

作りたいプラモデルも、塗装途中のウィーゴも、フィギュアいじりもスクラッチも
何もできない状態が続いています。
twitterにウィーゴの画像をupしないのも、したいけどできないからです。
RTやファボばかりであまりコメントを残さないのも負担がかかるからです。

やりたいことがまだまだたくさんあるので、
早く腕の痛みが取れることを願うのみです。

最後まで読んでくれた方がいましたら、どうもありがとうございます。
スポンサーサイト



右腕 その後 *TOP* 12ゆきんこ作っちゃいました

プロフィール

Author:pi
フィギュア、プラモ、ミニチュアの他、手芸と猫と読書とパズルも大好きです。

色々紹介できればと思っていますが、更新頻度の少ない自己満足blogになると思います。

相互リンク大歓迎です。お気軽にお声をかけてください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク 

Twitter